引越し 見積もり 3月

一年で一番引越しの多いと言われる3月と4月。

進学や就職、転勤、さらにオフィスの移転などが理由で、3月4月は、引越し業界の「繁忙期」と言われます。

昨今では、この繁忙期のトラックや人員不足から、

・「引っ越し業者に空きがなくて引っ越しができない」
・「引越し業者に直接見積もりを依頼したら高額になってしまった」

など、引っ越したいのに引っ越し出来ない、『引越し難民』という言葉まで生れました。


この3月4月の繁忙期を外して引越しができれば一番いいのですが、どうしてもそうもいかない方もいると思います。

そんな方々が少しでも安く引越しをするために3つのポイントはこちらです。


・引越し業者とのコンタクトは一日でも早く!
 引越しは早い者勝ち、そして、料金は引っ越し業者の言い値で決まります。
 業者とのコンタクトが遅くなれば遅くなるほど、足元を見られて不利になることは一目瞭然。

・荷物を減らす
 不要なものは、とことん処分しましょう。
 新たに用意する家電などがある場合は、新居へ配送してもらうよう手配し、
 小物類は自分で運ぶことができれば、かなり料金を抑えることができます。

・必ず複数の業者の見積もりを比較する
 上でも述べましたが、引っ越し料金は相場はあっても、
 需要によって変動するため、引っ越し業者の言い値です。

 信じられないような金額を提示されても、他に空き業者がなく、
 どうしてもその日に引っ越す必要があれば、依頼するしかありません。

 そうならないためにも、複数の引越し業者に見積もりを依頼することは必須です。


引越し一括見積もりサイトを利用すれば、一度の情報入力で
複数の引越し業者の料金を比較することが可能です。

引越しの日程が確定していなくても見積もりは可能です。

引越しの予感がしたら、一日でも早く動きましょう!



ちなみに引越し見積もりサイトも複数ありますが、
提携業者数の多さや、キャンペーンの内容を比較すると、
「引越し侍」の見積もりサイトがダントツおすすめです。

引越し侍の引越し見積もりサイトを見てみる⇒「引越し侍


ただし、「引越し侍」では、多くの人が煩わしいと感じる
電話番号の入力が必要です。


どうしても電話番号の入力を避けたい方は、
リクルートが運営するSUUMOの一括見積もりサイトをお勧めします。
SUUMOでは、電話番号入力が任意となっています。


提携引越し業者数は、引越し侍の半分ほどになりますが、
それでも100社以上と提携しているので、
都市部だけではなく、地方での引っ越しにも対応可能です。


SUUMOの引越し見積もりサイトを見てみる⇒「SUUMO引越し見積り