引越し 見積もり キャンペーン

引越し業者では、見積もりや引っ越し依頼のお客様に対してキャンペーンを行っている場合があります。

業者によってキャンペーンや特典は様々なので、是非参考にしてみてください。

■日本通運
対象者発作業日がキャンペーン期間中の家族引越し/単身パック利用
プレゼント内容(抽選)(1)チケットコース
 東京ディズニーリゾート パークチケット(ペア)300組600名様
(2)Wチャンス ウォッシュタオル
 (1)の抽選に外れた方の中から抽選で200名様
キャンペーン期間・応募期間2020年1月14日(火)~2020年3月15日(日)
注意事項海外引越、航空貨物、支払方法が会社請求のお客様は対象外


■サカイ引越センター
対象者訪問見積もり
プレゼント内容米「ひとめぼれ」1kg700円相当
キャンペーン期間・応募期間記載なし
※引越し依頼でポンタポイントまたはWAONポイント、楽天ポイントが貯まる


■アリさんマークの引越社
対象者訪問見積もり
※アリさんマークの引越社指定窓口から「訪問お見積り」から依頼することが条件
プレゼント内容お引越しお役立ちグッズプレゼント
キャンペーン期間・応募期間2017年  7月  1日(土)~


■アート引越センター
対象者訪問見積もり
プレゼント内容ミッキー&ミニーデザイン アートオリジナルポケットボトルプレゼント

対象者引越し成約
プレゼント内容アート・ミニオン・トラックをご利用の依頼でミニオン/アートオリジナル収納BOX3枚プレゼント


■楽天
対象者見積もり依頼
プレゼント内容楽天ポイント100ポイント
対象者引越し成約
プレゼント内容引越し費用の1%分のポイント

見積もりだけでプレゼントをもらえる太っ腹業者もあるのがビックリです( ゚Д゚)

こういったキャンペーンもあると、お得感が味わえて、めんどうな引っ越しも楽しくなります。
一括見積もりと合わせて、お得に引越ししちゃいましょう!


引っ越し 見積もり 安い

新居への敷金・礼金の支払い、新居で使う家具類の新調など、何かと出費がかさむ引越し。

引っ越し料金をできるだけ安く抑えたいと思のは皆さん同じ。

ここでは、引っ越し料金を少しでも安くするための11のポイントを紹介します。


  1. 引越し一括見積りサービスを利用する
    引っ越し料金を安くするために、相見積もりは外せません。
    しかし、ただでさえ忙しい時期に、複数の引越し業者に連絡するのは大変です。
    一括見積もりサービスは、複数の引越し業者の相場が最短1分でわかるので、大変便利です。
    引越しが決まったら、一日でも早く引越し一括見積もりサービスを利用して、相場を押さえましょう。

  2. 安い時期を選ぶ
    予想より高い金額を提示されてびっくりしたという人が多い引っ越し料金。
    引っ越し料金は定額がなく、需要によって決まるので、引越しの需要が多い「繁忙期」には高く、逆に需要の少ない「通常期」や「閑散期」には安くなります。

    引越しの需要が多い「繁忙期」は、進学や就職、転勤やオフィスの移転が増える3月と4月。
    この時期は、通常期に比べると1.3倍~1.6倍にもなります!
    引越しの時期を選べるのであれば、3月4月は外して予定しましょう。


  3. 不用品は処分する
    引越し料金は、荷物の多さ、トラックの大きさによって変わります。
    必要がないと思うものは、廃棄する・売るなどして処分し、少しでも荷物を減らしておきましょう。
    処分方法については、こちらも参考になると思います
    引っ越し 不用品処分 フリマアプリ、ネットオークション、掲示板

  4. 平日を選ぶ
    「2.安い時期を選ぶ」でも説明していますが、引越し料金は需要によって決まります。
    多くの人が、引っ越し作業を土日祝日に行いたいもの。
    曜日を選べるのであれば、平日を選んで見積もりをしましょう。

  5. 作業開始時間を指定しない
    こちらも理由は「2.安い時期を選ぶ」と「4.平日を選ぶ」と同じです。
    引越しは、荷物到着後の荷解きなどを考えて午前便が人気ですので、夕方や時間を指定しない便では、料金が安くある傾向にあります。


  6. 自分で荷造りをする
    引越し業者には様々なオプションがあり、荷造り・梱包をお願いすることもできます。
    しかし、少しでも引っ越し料金を安くしたいのであれば、ここはがんばって自分で荷造りしたいものです。

  7. 単身パックや単身サービスを利用する
    学生や単身赴任のように荷物が少ない場合は、各引越し業者が持つ単身用のサービスを利用すると安くなります。
    ただし、どの業者がどのような単身用サービスを扱っているか調べるのは時間と手間が掛かるもの。
    このような場合も、一括見積もりサービスを利用することで、単身用のサービスをヒットしてくれるので大変便利です。

  8. 訪問見積り時に値引きの交渉をしてみる
    いよいよ正確な荷物量から見積金額を出してもらうための訪問見積もり。
    この時に直接値引き交渉をすることで、引越し料金を安くしている人は多いです。

    その際には、決めたい業者の訪問を最後にし、複数の業者に訪問見積もりを依頼している旨を伝え、「先ほどの〇〇はXX円だと言われました。それ以下になるなら、お宅に決めたいのですが…」と言ってみましょう!

  9. 不動産会社の担当に知り合いがいないか聞いてみる
    引越しをする際、不動産屋さんに出向いて新居を選んだ人も多いはずです。
    そういう方は、ぜひ不動産会社の担当さんに、懇意にしている引越し業者がないか聞いてみましょう。
    担当さんからの一声で、見積り金額がさらに安くなる場合があります。
  10. 混載便を利用してみる
    同じ地域や方面へ引っ越しをする人たちの荷物を同じトラックに積んで運送するサービスを取り扱っている業者があります。
    複数の人の荷物を混載することで、人件費、ガソリン代、高速料金が安く済むため、引越し料金を安くできます。

    ただし、他に同じ地域へ引っ越す人がいない場合には使えないサービスです。


引越しの料金を安くするための10のポイント、いかがだったでしょうか。
10も書きましたが、大きくは3つ。

1.一括見積もりサービスで複数社相見積もりを取る
2.繁忙期を外す
3.荷物を減らす


これらのポイントを押さえて、賢く引越しを済ませてください。

提携業者数の多さやキャンペーンの内容から見た当サイトおすすめの一括見積もりサイトはこちらです
引越し侍

電話攻撃にあいたくない人は、唯一電話番号入力が不要なこちらへ


引越し 見積もり 3月

一年で一番引越しの多いと言われる3月と4月。

進学や就職、転勤、さらにオフィスの移転などが理由で、3月4月は、引越し業界の「繁忙期」と言われます。

昨今では、この繁忙期のトラックや人員不足から、

・「引っ越し業者に空きがなくて引っ越しができない」
・「引越し業者に直接見積もりを依頼したら高額になってしまった」

など、引っ越したいのに引っ越し出来ない、『引越し難民』という言葉まで生れました。


この3月4月の繁忙期を外して引越しができれば一番いいのですが、どうしてもそうもいかない方もいると思います。

そんな方々が少しでも安く引越しをするために3つのポイントはこちらです。


・引越し業者とのコンタクトは一日でも早く!
 引越しは早い者勝ち、そして、料金は引っ越し業者の言い値で決まります。
 業者とのコンタクトが遅くなれば遅くなるほど、足元を見られて不利になることは一目瞭然。

・荷物を減らす
 不要なものは、とことん処分しましょう。
 新たに用意する家電などがある場合は、新居へ配送してもらうよう手配し、
 小物類は自分で運ぶことができれば、かなり料金を抑えることができます。

・必ず複数の業者の見積もりを比較する
 上でも述べましたが、引っ越し料金は相場はあっても、
 需要によって変動するため、引っ越し業者の言い値です。

 信じられないような金額を提示されても、他に空き業者がなく、
 どうしてもその日に引っ越す必要があれば、依頼するしかありません。

 そうならないためにも、複数の引越し業者に見積もりを依頼することは必須です。


引越し一括見積もりサイトを利用すれば、一度の情報入力で
複数の引越し業者の料金を比較することが可能です。

引越しの日程が確定していなくても見積もりは可能です。

引越しの予感がしたら、一日でも早く動きましょう!



ちなみに引越し見積もりサイトも複数ありますが、
提携業者数の多さや、キャンペーンの内容を比較すると、
「引越し侍」の見積もりサイトがダントツおすすめです。

引越し侍の引越し見積もりサイトを見てみる⇒「引越し侍


ただし、「引越し侍」では、多くの人が煩わしいと感じる
電話番号の入力が必要です。


どうしても電話番号の入力を避けたい方は、
リクルートが運営するSUUMOの一括見積もりサイトをお勧めします。
SUUMOでは、電話番号入力が任意となっています。


提携引越し業者数は、引越し侍の半分ほどになりますが、
それでも100社以上と提携しているので、
都市部だけではなく、地方での引っ越しにも対応可能です。


SUUMOの引越し見積もりサイトを見てみる⇒「SUUMO引越し見積り







引越し 見積もり 一人暮らし

d5f4346de79d4663319f3ec07633e8a7_s.jpg

引っ越し料金は、引越し時期、移動距離、荷物量によって価格が変わります。
一人暮らしや単身での引っ越しは、家族での引っ越しに比べて荷物量が少ないので、その分料金も安くなります。

そのため、多くの引越し業者は「単身パック」「単身サービス」など、荷物が少ない単身者・一人暮らし用のお得な「引っ越しサービス」を用意しているので、上手に利用したいところです。

単身パックは、決められたコンテナ(ボックス)に入る分の荷物を運んでくれるサービスです。
引越し業者によって、コンテナサイズはもちろん、料金も異なりますので、少しでも料金を安くするためには、各社のサービス比較が必要です。


以下は、一人暮らし・単身の料金相場です。(参照元:引越し侍)

<引っ越し通常期(5月~2月)>
 荷物少荷物多
~15km 未満(同市区町村内)20,000円25,800円
~50km 未満(同都道府県内)21,600円30,000円
~200km 未満(同地方程度)30,000円42,000円
~500km 未満(近隣地方程度)43,100円58,000円
500km 以上(遠距離地方程度)54,000円73,500円


<引っ越し繁忙期(3月、4月)>
 荷物少荷物多
~15km 未満(同市区町村内)26,000円35,000円
~50km 未満(同都道府県内)31,000円43,000円
~200km 未満(同地方程度)47,260円62,350円
~500km 未満(近隣地方程度)58,000円85,000円
500km 以上(遠距離地方程度)80,000円105,000円

これまでは引っ越しの繁忙期は3月、4月と言われてきましたが、近年では1月ごろから引越しの需要が高まっています。
引っ越したくても業者に空きがなく引っ越せないという「引っ越し難民」がニュースでも取り上げられます。
ストレスのない引っ越しのためにも、早めの見積もりが大切です。


引越し見積もり比較サービスを利用すれば、「単身」または「一人暮らし」を選択することで、数百社もある引越し会社の中から、自分の状況に適したサービスのある引っ越し業者を提示してくれるので大変便利です。

↓↓人気引越し業者を一括比較!一番安い引っ越しを調べる↓↓



引っ越し 見積もり 電話なし

91ecc1acdc2c4fa37b178b98a8786438_s.jpg

引越し業者選びに一括見積りサイトの利用は、もはや皆さん常識。

一度に複数社の価格を比較でき、リーズナブルな引っ越しが可能となるのはとても魅力ですよね。


料金が安く済むなどのメリットはたくさんありますが、デメリットとして、見積もり依頼後の電話攻撃を挙げている人も多く見かけます。

どの業者も、一番先にコンタクトを取ることに必死なので、それはもう怒涛の電話攻撃となりますね。

逆に言うと、一括見積もりの悪評は電話くらいですが、多くの人が迷惑だと感じている電話攻撃を受けずに済む一括見積もりサイトがあります。

それはSUUMO

SUUMOの一括見積もりは、電話番号の入力不要。
必要な入力項目は、次の6点だけです。

  1. 現住所の郵便番
  2. 引越し先の住所
  3. 引越し希望日
  4. 人数
  5. 名前
  6. メールアドレス

電話対応にストレスを感じる方や、電話対応の時間が取れない方にはピッタリです。

一括見積りの電話番号記載が不要な見積もりサイトは、いまのところSUUMOだけとなります。

見積もりはもちろん無料なので、見積もりサイトの利用が初めての方は、まずはSUUMOを利用してみてはいかがでしょうか^^